冬暖かい家を群馬に建てる工務店が好評です

群馬県は関東地方なのであまり寒くない気もしますが、実際には夏暑く冬寒いことで知られています。これは新潟側に高い山があるため群馬が内陸にあたることが理由です。

なので群馬で注文住宅を建てる場合は夏は涼しく冬は暖かい家にすることが不可欠なのですが、そこで今県内で注目されていますのが、本社が福島県にある工務店です。


この工務店はもともと雪国にあることから北海道や地元の東北の寒さに対応できる性能がある注文住宅に特化しているのが特徴です。

群馬の工務店の情報が揃っています。

群馬県に現在大いに力を入れています。

具体的には寒冷地で使われている断熱材や断熱工法の床、保湿力に優れた窓ガラスなどを用いて外の空気を室内に入れないという方法です。
このような材質を多く使いますと、今度は結露に悩まされたりするものですが、この工務店の注文住宅はサッシに結露しにくいものを使うなど、その面での対策も合わせて採られています。

換気としても室内のこのように温められた熱をそのまま逃がさないようにして全室を温めますので、結果的に光熱費の節約につながります。



ただ冬暖かいだけではなく経費の面でもとてもお得です。



また居間など一部の部屋だけを暖める暖房法ですと、例えば浴室やトイレの温度が早朝や深夜に低く健康に良くないですが、この工務店の注文住宅ですと家の中に温度差がないですから、身体にもとても良いというメリットもあります。
どういう間取りにするかの相談を受ける女性プロデューサーを配置しているのも特徴です。

女性が家事をするのに使いやすいようなキッチンを計画するなど女性目線でアドバイスをしているのが大変好評です。